通をうならせる最高の寝心地。天然素材のラテックスマットの製造工程

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

「わぁ〜!本当だ、宙に浮いているみたい。」
「うんうん、お餅の上にいるような寝心地ですね。」
「これはいったい何でできているのですか?」

スリープショップオリジナル天然ゴム100%ラテックスマットは、腰痛・肩こり・首の痛みなどでお悩みの方をはじめ、多くのお客様に大好評です。
ラテックスマットの製造工程を、詳しくご説明します。

ゴムの歴史

天然ゴムは植物から、合成ゴムは石油から作られます。

天然ゴムは、6世紀頃にはアメリカ大陸にあったとされています。
アメリカ大陸を発見したことで知られるコロンブスが、2回目の新大陸航海の時(1493年〜1496年)に、今のハイチとドミニカであるイスパニョーラ島を訪れました。
その時、原住民の子供たちがよく弾む黒いボールで遊んでいるのを見て、驚いて持ち帰ったことで、ゴムはヨーロッパへ伝えられました。

この後200年余りは、温度によって変形してしまって使いにくかったため、天然ゴムはあまり利用されていませんでした。

1839年にアメリカ人のグッドイヤーが、天然ゴムに硫黄を加えて熱すると、ゴムの性質が変化して、よく伸び丈夫になることを発見しました。
研究室で眠ってしまったグッドイヤーのゴム靴に、実験で使用していた硫黄がこぼれてしまい、これがストーブの熱で加熱されてしまって、翌朝ゴム靴の弾力性が増大していることに気付いたそうです。

その後1887年イギリスのダンロップが、息子のために自転車の乗り心地を良くしようと空気入りタイヤを発明しました。
1934年にはドイツの会社が、石炭と石灰を原料にした化学物質を素材にして、合成ゴムの製造に成功しました。現在では合成ゴムは石油を原料に作られています。

今では天然ゴムと合成ゴムは、私たちの生活になくてはならないものになっています。

マレーシアのプランテーションへ行ってきました

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ゴムの木は縦横4メートル間隔で、整然と植えられています。
ラテックス林は全て人の手で植林され、管理されています。
早朝のラテックス林は、採取のために木の幹に取り付けられている器は下向きで、樹液も出ていません。

天然ゴムのプランテーションでは、朝6時頃からブラッシング(皮むき)が始まります

先が特殊に曲がった鎌状の刃物で、樹皮を剥いでいる部分と、樹皮がある部分の境目を削り取ります。
すると、牛乳そっくりのミルクと呼ばれるゴム樹液が、みるみる滴り出てきます。

下向きだった器を、木の幹に巻いてある針金の皿受けの上に置いて、この樹液を受けて集めます。
ラテックスのブラッシングから採取までの作業は、雨を避けるために主に乾季に行われます。
そのため、栽培地域の雨季の長さや降雨量などはラテックス価格に大きく影響し、 タイヤなどのゴム製品の生産量等にも関係しています。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

採取したゴムの加工の様子

こうして集められたナチュラルラバーミルクを、何層ものフィルターで時間をかけてろ過し、液質を整えます。
この過程で、防腐剤としてホルムアルデヒドなどは一切使用されず、天然のままで管理されています。

液質が整ったラテックスミルクを、マットの形をした金型に充填(じゅうてん)して高温の水蒸気でラテックスを発泡させて、フォームを作ります。
化学物質を一切使用しない、100%ナチュラルラテックスフォームの出来上がりです。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

右上の写真は発泡したラテックスフォームを、型から取り外しているところです。
上下の型にある多数の棒状の突起物(ピン)が、ラテックスマットの両面に直径13mmぐらいの穴を作ります。

このピンの中に高温の水蒸気を通して、ラテックスを発砲させています。

ラテックスフォームに空いている穴は このピンの跡です。
穴が上下貫通しているように見えますが、この上下のピンの位置は、ずらしてセットされていて貫通しているわけではありません。
このピンの太さとセットする位置によって、ラテックスマットは7つのゾーンに分かれています。
それぞれのゾーンは、人の体の凹凸・重さに合わせた弾力を持っています。

また発泡させることにより、フォーム内部に極小の無数の気孔が構成されます。
この多孔性が、ラテックスマットの暖かく、かつ蒸れにくい特性を作り出しています。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

発泡が終了したラテックスフォームは真水で冷却した後、乾燥ラインで乾燥させます。

この最良の発泡方法と製造工程で作られたラテックスフォームだからこそ、寝具に最適な柔軟性と高い弾力を併せ持つことができるのです。
そして、どのような体型にも寝姿勢にも対応して、人体の重い部分は吸収し、軽い部分は下から支持して、理想の正しい寝姿勢を保ってくれるのです。

入港したラテックスマットの検品

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

できあがったスリープショップ発注のラテックスマットレスを、スリープショップスタッフが検品し、コンテナへの積み込みまで確認しています。
海上輸送で出荷されたラテックスマットは、約10日で大阪港に入港します。

スリープショップでは余分な流通経路を一切かけずに直接輸入・通関し、スタッフの手で荷降ろしして専用倉庫にストック・管理しています。そして、お客様の注文に応じて、配送センターよりダイレクトにお届けしています。

以上のように、スリープショップオリジナルラテックスマットは原材料採取地・生産工場名・生産者履歴・輸入販売者と全て明瞭です。スリープショップが一貫して責任をもって原料採集現場・製造工程にまで関わって、検品から輸入に関する業務を行っています。

品質・デンシティー(硬さ)・お手入れ方法まで把握して販売していますので、全ての情報を自信をもって開示いたします。

環境破壊はしない、人に有害なものは発生しない、再生可能自然素材天然ラテックス

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

光と水、大地とゴムの木、自然と人が一体となって作り出すラテックス。
この貴重なラテックスは、自然環境を破壊せずもちろん汚すこともありません。

ゴムの木は、二酸化炭素を吸収し酸素を生産し、樹液の採取寿命約20年を終えると、木材資源として再利用されます。
そして、伐採された跡地にはまた新たにゴムの木が植林されて、6〜7年かけて育ててから樹液を採取します。
この美しいラテックス林の自然の営みが私達の睡眠環境を支えてくれています。だからこそ私達は採取して終わるだけではなく、資源利用し、その後植樹をすることで自然にも配慮した環境循環を心がけています。

→ラテックスマットの商品ページはこちら

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

 

このページのトップへ