天然素材のウールならすべてうまくいく!なぜ電気毛布が必要ないのか徹底解説

蒲団屋一押しのドイツ billerbeck(ビラベック)社製のロイマリンドウール肌掛ふとんは、引っ張るとすぐに破れてしまいそうな薄い素材が使用されています。

その素材とはマコトリコット(エジプト綿のジャージー生地)です。

ではなぜもっと丈夫で長持ちする、しっかりした生地で布団を仕立てないのでしょうか?
もちろん、ロイマリンドウールにマコトリコット生地を組み合わせるのには理由があります。
まずは、ロイマリンドウールの説明をいたします。

ロイマリンドウールとは

ロイマリンド(rhevmalind)とはドイツ語で「リウマチを和らげる。」という意味です。
ロイマリンドウールの最大の特徴である高い吸湿力・発散力・発熱性は寝具の中の湿気を取り去って、リウマチや神経痛の症状を和らげてくれます。
リウマチや神経痛の方にとって高い湿度は絶対に避けなければなりません。

布団の中材として最適な羊毛(ウール)は、線維の直径が太くて丈夫なこと、繊維が長くてよくクリンプ(縮れ)していることです。
ドイツ  billerbeck(ビラベック)社は、最高級のフランス産サウスダウン種のウールを採用し、生きた羊のメインボディの質の良いバージンウールのみを布団に充てんしています。
ですから、わた切れによる埃(ほこり)も少なく繊維が強くクリンプしているため弾力性が長く続き、へたりにくいのです。

さらに、ロイマリンドウールの強く縮れたクリンプは厚い空気の層を作るため、ウールの吸湿・発散能力を一層アップさせて驚異的な通気性を作り出しています。

羊毛(ウール)わたの特徴

羊毛(ウール)は他の繊維にはない多くの矛盾した性質が巧みに調和しています。
表面は水を弾きますが内部は湿気をたっぷりと吸い取ります。
ウールの吸湿力は綿の2倍、ポリエステルの40倍、汗をかいても蒸れたりジメジメしたりしません。

またウールは、湿気を吸着すると吸着熱を生み出します。
睡眠中の汗を爽やかに吸い取り、吸着熱を発生させて汗をかいた体を健康的に暖めてくれます。
放湿性も非常に高く、放湿時には気化熱を奪ってくれますので、夏も爽やかに使用できます。
ウールは常に理想的な寝床内気候、温度33℃湿度50%を作り出してくれるのです。

その他の特徴

  1. ウールは羊の皮膚が変形したもので、生まれながらにして細菌に対する抗菌機能や消臭機能を備えています。直接肌に触れる肌着や寝具には最適な素材です。
  2. ウールは合成繊維とは異なり、火をつけても燃え続けることはなく自然に鎮火してしまいます。また、燃え続けても煙の発生が少なく有毒なガスはほとんど出ません。寝具として最も安全な繊維です。
  3. ウールは19種類のアミノ酸からなるタンパク質でできています。完全な天然繊維で土壌中に廃棄しても微生物によって分解されて土に戻ります。

ロイマリンドウールを包んでいる側生地はマコトリコット

側生地は「マコトリコット」と呼ばれるエジプト綿を使用した伸縮性のある多孔性ジャージー生地です。

高級な側生地が使用された布団が最も良質であるとは限りません。

  • 例えば、細い糸を高密度に織り上げたサテンの生地
    大変柔らかく、ドレープ性が高く、肌沿いの良い高品質な側生地です。
    しかし、この生地は機密性が高すぎてウールわたを充てんすると、最大の羊毛の特徴である吸湿・発散性を阻害してしまいます。
    機密性が高すぎると羊毛ふとんの中に湿気がこもってしまうのです。

空気の層は、乾燥した状態では熱を伝えにくい断熱層の役割を果たします。
しかし、湿気を含む状態では水分が媒体となって、熱を伝えやすくなってしまいます。
外気温の暑さ・寒さを直接私たちの体に伝えてしまって寝床内環境を悪化させてしまうのです。

マコトリコットの生地の通気度は176cc/cm²・sで一般的に国内で製造されている羊毛布団の側生地の1.5cc/cm²・s の約117倍です。
ロイマリンドウールの通気性の良さを最大限に生かしてくれるのはマコトリコット生地以外にはありません。

また、マコトリコット生地にクリンプの弱い羊毛わたを充てんすると繊維が吹き出したり、ゴミが多く質の悪い羊毛わたを充てんすると短い繊維や埃が大量に発生してしまいます。
マコトリコット生地の通気性を生かしてくれる中材もまた、ロイマリンドウール以外にはないのです。
マコトリコット生地と高品質のロイマリンドウールの組み合わせが、私たちに最高の睡眠環境を与えてくれるのです。

敏感肌やアトピー体質の方におすすめ

ドイツ  billerbeck(ビラベック)社のロイマリンドウールには人間に害を及ぼす化学薬品などは一切使用されていません。

ロイマリンドウールは、最小限の中性洗剤と多量の清水を用いて完全洗浄されています。
そして、国産の羊毛布団の製造時に行われているウール表面のスケール(人毛のキューティクルの様なもの)を薬品で取り除くクロイ加工や、強酸に浸して混ざっている藁を取り除く化炭加工などは施されていません。

天然・自然そのままの良さを感じていただけますので、敏感肌やアトピー体質の方も安心してお使いいただけます。
寒い時や暑い時など、季節に関わりなく肌に一番近い所にお使い下さい。
朝の目覚めがきっと変わりますよ。

ドイツ billerbeck(ビラベック)社
1921年にHenrich Billerbeckが仲間と共にドイツ ブッパータルで立ち上げた寝具メーカーです。1945年に「羊毛が我々の汗と同時に体臭さえも吸収し、直ちにそれを吐き出して人間の体に健康的な影響を及ぼす。」ということに着目して、ヨーロッパで初めて羊毛ふとんの販売を開始しました。
その後オーストリア・スイス・ハンガリーへと販売を展開し、1971年に日本へ輸出を開始しました。

→ロイマリンドウール100%羊毛肌掛ふとんの商品ページはこちら

全国発送承っております。送料やお支払い方法等、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

このページのトップへ