カテゴリー

買わされ要注意!後悔しないラテックス製品の購入法

大手旅行会社の東南アジアツアーや中国ツアーに参加して「天然ゴムのラテックスマットとラテックス枕を買いました」というお客様が時々蒲団屋に来店されます。
ラテックスマットの製造工場や展示会場への立ち寄りがツアーの日程に組み込まれているのです。
現地で説明されることは大抵が「ここでしか買えませんよ」「天然ゴムの産地に近いので良いものが安く手に入ります」「日本では売っていません」ということのようです。

日本には敷布団は硬い方が体に良いという考え方が根強くあります。
また、ラテックスマットやラテックス枕の快適さがまだ広く認知されていないのが現状です。
そのため、旅先で初めてラテックス製品を体験する方はラテックスの気持ち良さにびっくりして購入されるようです。
そして、帰国してからスリープショップのラテックス製品をネットなどで見つけて蒲団屋へ来店されるのです。

スリープショップのラテックス製品を蒲団屋で体験された後、ほとんどの方が質の高さと値段の安さに驚かれます。
お客様のお話をお伺いするとラテックス枕がスリープショップ販売価格の30%から50%高く、ラテックスマットは約2倍の価格になっているようです。
お客様の中には「海外から輸入している商品の方が安いのはおかしい。品質に問題があるのではないか」と疑いの目を向ける方もいらっしゃいます。
なぜスリープショップのラテックス製品の方が安いのか?ご説明いたします。

格安パックツアーとは

海外の格安パックツアーには、たくさんの土産物店が日程の中に組み込まれていて、全員必ず土産物店に立ち寄ることがツアーの条件になっています。
立ち寄りを辞退することは認められないと規約にも書いてあります。
そして、もちろん「旅行客が立ち寄るたびに土産物店から旅行会社へマージンが支払われる」という仕組みになっています。
旅行会社はこのマージン収入があるため、ツアー料金を格安にしてたくさんのお客さんを集めることができるのです。
また、土産物店も「外国人客用の商品を販売して利益を上げることができる」というわけです。

もちろん何人の外国人客が商品を購入するか不明のため、最初からかなり割高な値段を商品につけるようになります。
パックツアー中に販売されているラテックス製品も必然的に高額になるわけです。

スリープショップの輸入方法

スリープショップのラテックスマットは、天然ゴムの主要生産地であるマレーシアのAerofoam(エアロフォーム)社製です。
Aerofoam社は天然ゴムの生育地でヨーロッパの機械を導入してのラテックスフォームを生産しています。
スリープショップでは中間業者は一切通さず、直接Aerofoam社とスリープショップ専用のラテックスフォームの製造委託契約を交わしています。

そして L/C 決済法や日本とマレーシア間の貿易協定により、原産地証明書を提出すれば関税がかからない特典を生かしてラテックスフォームを直輸入しています。
40フィートのコンテナ単位で大量発注し、スリープショップ自らが通関・荷降ろし・保管・出荷までを一貫して行なっています。
そのため、現地販売業者や輸入商社、卸売り業者に至るまでの複雑に発生する中間マージンが一切ありません。
このように製造から販売までの全てをスリープショップが管理しているため、驚くべき低価格で快眠ラテックス製品を皆様にお届けすることができているのです。

L/C( Letter of Credit )決済とは
貿易決済を円滑化するために銀行が発行する支払確約書を利用した信用状決済です。
この信用状取引により輸出業者は船積みと同時に輸出代金を回収することができるほか、輸入業者にとっても輸入代金を前払いする必要がなくなります。

品質・製造工程に至るまでを管理

天然ゴムの樹液であるナチュラルラバーミルクの原液は、液温の高低差が200度以上になると発泡を始めてフォームを形作ります。
この時に温度が足りないと充分に発泡が進まずフォームの形になりません。
この製造工程の難易度が、硫化剤(ゴムの弾力性を増すもの)や発泡剤(ゴムを膨らませるもの)などを混ぜて作る粗悪品のラテックスが多く出回る理由です。
スリープショップでは、薬剤を使わず熱と蒸気だけで発砲させた天然ゴム100%のラテックスフォームを発注して特別に製造しています。

さらに、でき上がったラテックスフォームは輸入前に現地工場にてスリープショップ担当者が、フォームの状態の確認からサイズ・重量の測定まで正確に検品しています。
そして商品のデンシティー( ラテックスの密度)まで完全にコントロールしています。
スリープショップの基準に満たない製品は修正や作り直しを指示して常に安定した商品を提供できるようにしています。

デンシティー(density ラテックスの密度)について
スリープショップの快眠ラテックスマットはお客様の好みや体型・体重に合わせてマットの硬さが選べるようになっています。
この硬さの違いはラテックスフォームを製造する時のラテックス液(ナチュラルラバーミルク)の濃度を変えることにより実現しています。
ですから、ラテックスマットのデンシティー(density)をコントロールすることはとても重要になります。

まとめ

どんなケースでもラテックス製品に出会って体験をするということは素晴らしいことだと思います。
問題はラテックス製品の値段の高さと品質です。
スリープショップでは高品質のラテックス製品を低価格で提供するために一切の手抜きや妥協をしません。
ラテックス製品の製造国・製造工場・輸入者・品質表示まで一貫して明らかにできているのは国内ではスリープショップだけです。
蒲団屋はラテックス製品に関して、良いものを安く提供できているという自信と責任を持っています。

シンガポール・タイ・カンボジアなどの東南アジアツアーや中国ツアーにお出かけの方はこの機会にラテックス快眠マットやラテックス快眠枕を体験してください。
ご購入は焦らないで、帰国して蒲団屋のラテックス製品をゆっくり体験してからご検討ください。
もし良ろしければご来店の際に海外でのラテックス製品の体験情報を教えてください!
蒲団屋へのご来店を心よりお待ちしています。
→蒲団屋がオススメするラテックス製品の紹介ページはこちら

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

このページのトップへ