もう試しましたか?蒲団屋も愛用する快眠オーダーメイド枕!

蒲団屋で一番多くお問い合わせいただく商品は、蒲団屋オリジナルオーダーメイド4部屋枕です。
中でも「自分の体形に合わせてどのように枕の高さを調整してくれるのですか?」という質問を多くいただきます!
今回は、蒲団屋オリジナルオーダーメイド4部屋枕販売時の一連の流れをなるべく詳しくご説明いたします。

1. オーダーメイド4部屋枕の簡単な説明とカウンセリング

まず初めに、4部屋枕について簡単に説明いたします。

  • 首・頭・両横部分の4つの部屋に完全に分かれていて、中の素材(中材)が移動することはありません
  • それぞれの部屋にファスナーと素材を投入するための筒型の布が付いていて、中材の出し入れをすることによって高さの調整が可能です
  • 枕の硬さは活性炭コルマビーズ・活性炭パイプ・どんぐりコルマビーズ・活性炭エラストマーパイプの4種類から選んでいただきます
    (活性炭には消臭と抗菌、除湿の作用があります)
  • お好みの枕の中材を選んでいただいた後、高さを調整します

 また、お客様が使用されている枕の素材や睡眠に関するお悩み、体調面での問題点などを可能な限り教えていただきます。

2. 枕の中材選び

次に、枕中材の硬さ・肌触りの確認をしていただきます。

活性炭コルマビーズ

まず、一番硬い活性炭コルマビーズの4部屋枕に寝ていただいて、ゴロゴロと寝返りを打っていただきます。
活性炭コルマビーズは大きな穴が空いた球状のプラスチックビーズで、一粒のサイズは、高さ11mm外径11mmになります。
通気性と流動性を備えていて、活性炭入りなので衛生面においても優れています。
肌触りはやや固めになります。コルマビーズの粒の感じや寝返りを打った時のビーズの音が気にならないかどうかをよく確認してください。

活性炭パイプ

次に2番めの硬さ、活性炭パイプ4部屋枕を試していただきます。
ストローを細かくカットしたような円柱状のパイプです。一粒のサイズは、太さ直径5mm長さ6.5mmになります。
硬さは標準的です。コルマビーズよりも柔らかいため寝返りを打ってもパイプの音はとても小さく肌触りも優しくなります。

どんぐりコルマビーズ

次に、やや柔らかいどんぐりコルマビーズを試していただきます。
どんぐりのような形状をしたソフトで軽量のビーズ玉です。一粒のサイズは、太さ直径13mm長さ20mmになります。
弾力性があるためビーズの触れ合う音が小さくほとんど耳障りになりません。

活性炭エラストマーパイプ

次に、1番柔らかい活性炭エラストマーパイプに寝ていただきます。
形状や一粒のサイズは活性炭パイプと全く同じです。
ゴムを含んだ混合物であるエラストマー素材を使用することにより、低反発素材をしのぐ柔らかさと復元力を備えています。
プラスチック素材にありがちな耳障りな音も全くありません。

ラテックス枕とキャメル枕

次に、柔らかい枕がお好みのお客様には天然ゴムのラテックス枕とふたこぶラクダの毛が充てんされたキャメル枕も試し寝していただきます。
ラテックス枕とキャメル枕は中材の出し入れをして高さを調整するのではなく、それぞれ高さが決まった4種類の枕があります。
その中からお客様の体形に合った高さの枕を選びます。

→ラテックス枕の商品ページはこちら
→キャメル枕の商品ページはこちら

3. いよいよ枕の高さ調整へ

お客様の敷き寝具と同じ硬さのベッド選び

お好みの素材が決まったら、4部屋枕の高さを調整させていただくのですが、高さの調整をする時には敷き寝具の硬さ、柔らかさが影響してきます。
柔らかいと体が深く沈み込み、硬いとあまり沈み込まないため、枕の高さ調整に影響するのです。
そのため、お客様が使用されている敷き寝具の種類や硬さなどをお伺いして、お客様の敷き寝具とだいたい同じ固さのベッドに移動していただき高さを調整します。
蒲団屋にはお試し寝用のベッドが4台あります。
その中からお客様の敷き寝具になるべく近い硬さのベッドをお選びください。

首・頭部分の高さ調整

べッドが決まったら、新品の4部屋枕で高さを調整します。
まず仰向けに寝ていただいて、水平の位置から見て頭の位置と角度を確認します。
中材は初め、高めの枕になるように充てんされています。
ほとんどの方にとって高すぎる枕になっている為、まず寝た状態のままで目で見て適量の中材を頭部分から抜き取ります。

次に枕を逆に置いて、首部分からも目測で判断した適量の中材を抜き取ります。
そして枕の首、頭の位置を元に戻してもう一度水平の位置から目視し、頭の位置と角度は適正か?正しい寝姿勢になっているか?を細かく確認します。
正しい立ち姿よりもやや背骨がリラックスして伸びた状態が正しい寝姿勢になります。

両横部分の高さ調整

次に、横向きに寝ていただいて両横の高さを調整します。
この時に大切なことは、寝返りが打ちやすいかどうか?ということです。
人は生理現象として寝返りを打ちます。
日中、色々な活動をして人の骨格には歪みが生じています。
この歪みを矯正する為に私たちは背骨をねじって何回か寝返りを打つのです。
また、体の同じ部分に体圧がかかり続けると血行が悪くなってしまいます。寝返りはそれも防ぎます。

4部屋枕の両横部分は、横向きに寝ても肩に負荷がかからないように、枕の中心部分よりも若干高めに調整します。
首、頭部分と同様にベースとなる両横部分も中材が高めに充てんされています。

片側の高さが決まったら抜き取った中材を秤(はかり)で計測します。反対側部分は同量の中材を抜き取ります。
この時に、左右の肩幅にかなり差がある方は枕に充てんする中材の量を左右で変えることがあります。
しかし一般的には両横は同じ高さにしておいた方が、枕の右と左の位置を気にすることなく使用できるため、両横は同量にすることをお勧めいたします。

最終的には、お客様の感覚や寝心地などお伺いしながら微調整を繰り返して出来上がりとなります。

4部屋枕の高さが不足する場合は

胸板の厚い体格の良い男性の場合は、ベースとなる4部屋枕の高さが不足することがあります。
この場合はキルティング布を首部分、頭部分、両横部分それぞれ別々に挟み込んで頭の位置と角度を調整します。
そして高さが決まったら、キルティング布の枚数に適した量の中材を充てんします。

枕使用上の注意点(仰向け寝のススメ)

枕は必ず、肩との間に隙間ができないように、枕が肩にピタリと当たるようにご使用ください。
人間の頭はとても重く4〜5kgあります。
首の後、頸椎部分に隙間があると重い頭を支えるために首、肩に負荷がかかります。
必ず首の後に隙間ができないように枕を肩に密着させて、頚椎をしっかり支えるようにしてご使用ください。

更に、敷き寝具が硬すぎたり通気性がなかったりという理由のために、横を向いて寝る方が多くいらっしゃいます。
横を向いて寝ると、狭い面積で体重を支えるので体に負荷がかかります。
この負荷のために私達は猫背になりがちで、骨格も徐々に歪んでしまいます。
寝る時は上を向いて、なるべく広い面積で体重を支えるようにしましょう。
仰向け寝は横向き寝よりも体圧が分散された状態で、一番体にとって楽な寝姿勢になります。
どうしても仰向けでは眠れないと言う方は、敷き寝具に問題がある場合が多いです。
敷き寝具についてもぜひ蒲団屋にお気軽にご相談ください。

県外のお客様へ

蒲団屋オリジナルオーダーメイド4部屋枕は頭痛・肩こり・首こり・不眠などでお悩みの方にたいへん好評な枕です。
2001年に販売を開始して以来、肩こりが楽になりましたとか、仰向けに寝ることができるようになりました、朝すっきりと目覚めることができるようになりましたなど、多くの方から嬉しい感想が届きます。
ご家族や友人、知人の皆様に購入を勧めていただくこともよくあり、本当に口コミで4部屋枕が広がっていることを実感します。

蒲団屋に来ることができない県外のお客様も是非4部屋枕をお試しください。
身長や体重、体形、お客様の敷き寝具の状態、枕素材の好みなどを教えてください。
今までに4部屋枕を調整してきた経験をもとに、おおよそにはなりますが高さを調整してお送りいたします。
予備の中材も100g程度セットされています。枕が届いたらお客様ご自身で再調整してください。
4部屋枕はシンプルな構造で、誰にでも簡単に高さ調整ができる便利なオーダーメイド枕です。

まとめ

蒲団屋オリジナルオーダーメイド4部屋枕は、蒲団屋のベッドに寝ていただいて高さ調整をするわけですが、本来はお客様が使用されている敷き寝具に合わせて高さを調整しなければ意味がありません。
蒲団屋で高さを調整した時に、顎(あご)の詰まり具合や首・頭部分の枕の当たり具合などをしっかりと覚えて帰ってください。
この時に蒲団屋でスマホ撮影したり、大きめの鏡をベッドの横に置いて手鏡を持ってご自分の寝姿を映してみることもお勧めいたします。
後はご自宅で、お客様の敷き寝具に合わせて枕の高さ調整にチャレンジしてください。
もちろん、蒲団屋に持って来て頂いても何度でも調整いたします。
敷き寝具を取り替えた時や体形が変わってしまった場合など、お気軽にご相談ください。
→蒲団屋オリジナルオーダーメイド4部屋枕の商品ページはこちら

移ろいゆく季節の変化に体がストレスを感じやすいこの時節、私たちの体を正しく健やかに保つためには体の土台となる睡眠の質を改善しなければなりません。
「寝ることによって私たちはもっと健康になることができる」と蒲団屋は信じています。
そのためにひとつひとつの睡眠研究や理論を丁寧に掘り下げ、余すこと無く検証し、新たな高みを目指していくことを蒲団屋はお約束します。
蒲団屋が生み出すプロダクトが、あなたの日々の暮らしを輝かせることができるよう日々精進いたします。
これから更に鮮やかになる季節に向けて、皆様が蒲団屋の快眠寝具と共に生き生きと歩んで行かれることを願っています。

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

このページのトップへ