枕選びの新常識!オーダーメイド枕作製時に知っておきたい9つの注意点!

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

オーダーメイド枕作製時の注意点

「コンピューターで測定して高さ調整したオーダーメイド枕が何か合わないんです。」
「2時間以上かかったし値段も高かったんですよ」と言うお客様。
「お店ではすごく寝心地が良かったんです。でも家に帰ると全然変わってしまって…。こちらのオーダーメイド枕も変わりますか?」と、ご質問です。

実は、蒲団屋のオーダーメイド四部屋枕も店と自宅で寝心地は変わります。
そのため、オーダーメイド枕を作る時には、お願いしたい注意点がいくつかあります。
今回は、オーダーメイド枕作製時に気をつけていただきたい9つのポイントを説明します。

1. 来店時の髪型や服装

枕のフィッティングをする時の服装は、あなたが夜眠る時と同じ衣服が理想です。
タートルネックのセーターやパーカー付きのトレーナーなど首(頚椎:けいつい)部分の高さ調整に影響する衣服は厳禁です。
ロングカーディガンなども、寝返りを打つ時に体にまとわり付くため避けてください。
厚手の衣服はお店で脱ぎ、できるだけシンプルな服装を心がけてください。

女性のアクセサリーや男性のサングラス、腰のキーホルダー類も寝返りの妨げになるためご注意ください。

髪型も、ポニーテールやアップスタイルは寝返りによって乱れ、高さ調整にも影響します。
髪はまとめないで就寝中のように下ろしましょう。

2. あなたが使用している敷き寝具の素材や硬さ

オーダーメイド枕の高さ調整をする時には、必ずあなたの敷き寝具の状態をお伺いします。
敷き寝具の硬さ柔らかさで体の沈み具合が変わるため、敷き寝具の硬さに合わせて高さ調整する必要があるからです。

しかし、枕ばかりに気を取られ敷き寝具の種類が分かっていない方が多いのです。
敷き寝具の状態が不明のままでは高さ調整できません。
必ず、敷き寝具の素材や使用年数、凹み具合、硬さなどをチェックしてからご来店ください。

3. できるだけ体調の良い時に

メニエール病や良性発作性頭位めまい症など持病をお持ちの方は特に注意が必要です。
高さ調整をしていると寝返りを打つため、めまいが起きることが多々あります。
休憩を挟みながら時間をかけて枕を作製しますが、できるだけ症状の軽い日に、体調の良い時に調整するようにしましょう。

【メニエール病】
日常生活に支障をきたすほどの回転性のめまい(自分や周囲が動いている、回転しているような感覚)の発作が繰り返し起こり、変動のある難聴、耳鳴りを特徴とする病気です。

【良性発作性頭位めまい症】
耳は外側から外耳、中耳、内耳に分けられます。
内耳に存在する垂直方向を感知する器官、耳石(じせき)が何かの拍子ではがれ平衡感覚を司る三半規管の中に入り込んでしまうことがあります。
すると目が回る、フワフワするなどのめまいを引き起こし吐き気を伴うこともあります。サッカーの澤穂希選手も悩まされた疾患です。

4. 硬い枕素材には要注意

まず最初にフィッティングをして枕の素材を選ぶのですが、その時に、大きな粒の硬い枕素材を気に入る方がいらっしゃいます。
ゴツゴツとした感触が頭部に刺激を与え気持ちよく感じるのですが、長時間使い続けると硬さが気になったり、痛みを感じることもあります。
枕は返品ができない商品のため、この場合買い換えが必要になるかもしれません。

一晩中使用することを想定し、時間をかけてじっくりと枕素材を選んでください。
蒲団屋は、ゴムとプラスティックの混合物素材であるエラストマーパイプ枕をお薦めします。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

エラストマーパイプ

5. 今までの慣れにとらわれない

オーダーメイド枕の高さ調整をしていると、お客様と意見が合わないことがよくあります。
「お客様の体形にはこれぐらいの高さが適しています」とお勧めしても気に入らないのです。
高すぎる、低すぎる枕に慣れている、枕なしに慣れている、必ずうつ伏せで寝ている方など様々です。

習慣とは恐ろしいもので急に人は変われないとは思いますが、できるだけ今までの慣れにとらわれないで正しい高さの枕を使っていただきたいと思います。

6. 再調整は2週間ぐらい使用してから

オーダーメイド枕の高さに違和感を感じる場合、もちろん何回でも再調整を承ります。
しかし、体が枕に慣れるまで少し我慢して使っていただきたいのです。
再調整は最低でも2週間ぐらい使用してからにしましょう。

7. 寝具全般について考える

枕を取り替えても体の調子が良くならないことがあります。
あなたの体は頭の天辺から足の先まで一体です。枕も敷き寝具と一体となるアイテムで、枕だけで安眠を生み出すことはできないのです。

オーダーメイド枕に取り替えた後も体調不良にお悩みのあなた、寝具全体が適切なものかどうか見直しをお勧めします。

8. ライフスタイルの改善に取り組む

快眠のために適切な寝具を使うことは重要ですが、不規則な生活を続けていては睡眠による体調回復効果は望めません。
蒲団屋の「睡眠十箇条」を参考に規則正しい生活を心がけてください。どんな困難な状況に陥ったとしても基本に立ち戻って生活することがすべての問題の解決に繋がります。
→【睡眠十箇条】の記事はこちら

9. 自宅の敷き寝具に合わせて再調整

蒲団屋で、あなたの敷き寝具を想定して枕の高さ調整をしたとしても、自宅と全く同じ状態ではありません。
どうしても敷き寝具が変わると枕の寝心地が変わります。

そもそも枕は自宅の敷き寝具を使って調整しなければ意味がありません。
蒲団屋のオーダーメイド四部屋枕は、誰にでも簡単に高さ調整できる便利な枕です。あなたもぜひ自宅で再調整してください。

疑問点などお気軽にお問い合わせください。蒲団屋が最後までしっかりサポート致します。

まとめ

「オーダーメイド枕を作る」とは、ただ単純にあなたの体形に合わせた枕を作ればいいと、蒲団屋は考えていません。
この機会にあなたの眠りを改善させ、心や体の健康状態をレベルアップし人生を輝かせることを目指しています。
枕を作るこの機会にあなたの眠り、健康、生活習慣を見つめ直してください。

  • 朝気持ちよく目覚めることができますか
  • 何時間、何時から何時まで眠れていますか
  • 日中に眠気はありませんか
  • 肩こり、腰痛、めまいや頭痛はありませんか
  • 生き生きと生活していますか

あなたの眠りを改善し、更に充実した健康的な毎日を目指しましょう。
体調不良にお悩みの方もぜひ蒲団屋にご相談ください。
微力ながら持てる知識と情報をフル活用し、心を込めてアドバイスさせていただきます。
→【オリジナルオーダーメイド四部屋枕】はこちら
→蒲団屋【快眠ベッド】【快眠マット】はこちら
(全国発送OK!銀行振込・代引・クレジット可)

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

このページのトップへ