カテゴリー

何を基準に選ぶ?長い目で見たお得な羽毛布団の選び方!

オーダーメイド羽毛布団の注文方法

掛ふとんのサイズについて

一般的な羽毛布団シングルサイズは幅150cm長さ210cmですが、これよりも一回り小さな羽毛布団がとっても使い勝手がいいことをご存知ですか?

たとえば10cm小さく140×200cmで作ると、日に干す、ホコリを払う、押入れに片付ける、カバーを掛ける・外すなどの取り扱いがぐんと楽になります。
さらに、シングルサイズのベッドにピタリと収まるサイズでベッドから布団がずるずると落ちません。

また、一回り大きく160×220cmで作るとこれもとっても便利です。
背の高い方が、背伸びをしても布団から足が出ないため仰向けでのびのびと寝られます。
布団を抱きしめたまま寝返りをうっても十分に幅があって背中が布団の外に出ないため暖かです。

平均的な身長の日本人女性にとって150×210cmは大きすぎ、長身の男性にとっては長さ不足です。
要するに羽毛布団はあなたの身長・体重・寝姿勢などに合わせてオーダーメイドするべきなのです。

今回は蒲団屋お勧めのオーダーメイド羽毛布団の注文方法をご紹介します。

オーダーメイド羽毛布団の注文方法

ステップ1 あなただけのサイズを決定

まずサイズ を決めましょう。長さは基本的に身長プラス30cmです。
幅は150cmが基本ですが、シングルサイズのベッドを使っている方は140cm、寝返りを打った時に背中が出る方は160cmがお勧めです。

蒲団屋が作った一番小さな小犬用羽毛布団は70×70cm、一番大きなコタツ用羽毛布団が240×360cmですよ♪

ステップ2 羽毛布団の側生地を決定

薄い、軽い、柔らかい、体にまとわり付くようにフィットする高品質の生地がお勧めです。
ご予算に合わせて各種取り揃えた蒲団屋お勧めの羽毛布団用生地をご紹介します。

時々「どうせカバーを掛けるから中の生地は何でもいいです」という方がいらっしゃいますが、固くてカサカサと音がする、体を包み込むドレープ性(布団が体にフィットする性質)が足りない、通気性が不足している生地などは寝心地に大きく影響します。
中に高品質の羽毛を充てんしても、羽毛の吸湿発散力を妨げる生地もあるため慎重に選びましょう。
→【理想の羽毛布団用生地】の説明はこちら

「R4179」230本ブロード 平織

羽毛布団用生地として長年使用されているベーシックな素材で、綿100%の中では一番ローコストの羽毛用生地です。
1インチ(2.54cm)四方当たりのタテ糸ヨコ糸の合計本数(打ち込み) が230本の生地で、中番手の糸の細さ40番手の平織りです。

ダウンプルーフ(生地からの羽毛が吹き出さない)性能が高く、ウォッシャブル加工を施さなくても専門業者による水洗いであれば使用できないほどの羽毛の吹き出しはありません。
手触りは少し硬めで生地を掴んだときの「カシャカシャ」という音が気になる方もいますが、若い方はほとんど気にならないようです。

使用しているうちに若干柔らかくなります。生地の重さは1㎡あたり126gで業務用にも適しています。
日清紡のインドネシア工場で生産しています。

「TN504」50/40長繊維綿 トルスターラ 綾(あや)織

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

「R4179」230本ブロード 平織

タテ糸に超長繊維スーピマ綿のコーマ糸50番手を使い、ヨコ糸に高品質の米国サンホーキン綿コーマ糸40番手を使っています。

ソフトでしなやかな綾織の生地でダウンプルーフ性能も高く、非常に実用的な素材です。
生地表面に質の良い超長繊維スーピマ綿が、約67%出ています。生地の重さは1㎡あたり137gです。

【コーマ糸(combed yarn)とは】
綿の繊維から糸を作る紡績工程の中で通常よりも更に、短い繊維の除去と繊維の平行度を高めるために、コーム(comb: くし)という機械を通して紡績した綿の細番手の高級糸です。

「E6060」60番手アメリカ超長繊維スーピマ綿 サテン織

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

「TN504」50/40長繊維綿 トルスターラ 綾(あや)織

タテ糸・ヨコ糸ともに超長繊維スーピマ綿のコーマ糸60番手を使用。

「R4179」「TN504」よりも柔らかく艶のあるサテン織りの高級羽毛布団生地です。
あなただけのオーダーメイド羽毛布団にはこの柔らかさがお勧めです。
日清紡のSEK抗菌防臭加工「ピーチフレッシュ」と防ダニ加工「バイセレクト」が施されています。生地の重さは1㎡あたり136gです。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

「E6060」60番手アメリカ超長繊維スーピマ綿 サテン織

「E8800」80番手アメリカ超長繊維スーピマ綿 サテン織

タテ糸・ヨコ糸ともに60番よりさらに細いアメリカ超長繊維スーピマ綿コーマ糸の80番手を使用。

よりソフトでシルキーな光沢を持つ高級感ある羽毛用生地です。
日清紡のインドネシア工場で製造し、日本で染色加工仕上げ、抗菌・消臭・防ダニ加工が施されています。
生地の重さは1㎡あたり114gとグッと軽くなります。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

「E8800」80番手アメリカ超長繊維スーピマ綿 サテン織

「ラムコ」100番手 ハイブリッド超長インド綿 サテン織

優れた原種の雄木(おぎ)と雌木(めぎ)を別々に栽培し、あえて人の手で人工交配してお互いの優れた性質を発現させたものがハイブリッド超長綿「ラムコ」です。

一本一本の綿繊維が細長いため、糸を構成する繊維本数が多くなりとても丈夫です。そのため、糸の撚りを甘くしてソフトな風合い、心地良い肌触りを得ることができます。
優れた強度と伸度を有し、他の綿花に比べ天然の油脂分が多く独特の「ぬめり感」が特徴です。
シルキーな光沢、艶やかさによって上品な色調がでます。

ユニチカと三菱商事の5年にわたる研究により生み出されたラムコシリーズ。
インド各州をくまなく調査、ハイブリッド技術で栽培されたSUVIN・DCH-32という原綿から作られました。
インドだから成功した原種保存と手間と時間をかけたラムコの仕上がり、インド以外では商業生産に成功していません。

綿100%でありながら従来の羽毛布団生地の様なゴワゴワ感がなく、寝返りをうった時もほとんど生地からの音はありません。
さらに、布団カバーとなじみが良くカバーの中で羽毛布団がブカブカ泳ぐことなく安心です。
国産のサテン織りで1㎡あたり99gという軽量でダウンの機能が十分に活かされた羽毛布団に仕上がります。

バチスト「FB250」ドイツ サンダース社製 平織

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

「ラムコ」100番手 ハイブリッド超長インド綿 サテン織

シングルサイズ側生地の重さがたったの600g、驚きの超軽量生地です。「FB250」の通気性は日本製の約2倍。羽毛に負荷がかからずダウンの保温性能が高まるため、他の側生地に比べ羽毛量が少なくてもカサ高い羽毛布団に仕上がります。
この側生地には「プレミアムゴールドクラス」の羽毛を充填します。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

バチスト「FB250」ドイツ サンダース社製 平織

以下のような高級感あふれるオシャレな柄物生地も多数ご用意!

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

  • 優雅でゴージャスな羽毛用生地 柄物
  • 優雅でゴージャスな羽毛用生地 柄物

ステップ3 羽毛布団のキルティング方法を決定

意外に知られていない羽毛布団のキルティング方法、特徴をよく理解することが大切です。

ヨーロッパキルト

羽毛布団を4×5の20マス(シングルサイズの場合)に区切りマスとマスの間に5cmのマチを入れ、立体的に縫製したオーソドックスなキルティングです。

【メリット】縫製時間が比較的短いため低価格に仕上がります。シンプルで縫製ミスによるトラブルもほとんどありません。
【デメリット】体の中央部分に縦にキルティングの縫い目がはしっており、他のキルトに比べ比較的暖かい空気が縫い目から逃げやすくなります。

エレガントキルト

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ヨーロッパキルト

マス目が5×6の30マス(シングルサイズの場合)と多く、マチの高さが7cmあります。

【メリット】マスを細かく多く取っているため体へのフィット性が高く、布団との隙間が少なく暖かです。
7cmの高いマチは、羽毛の片寄りを防ぎ吸湿発散力を最大限に引き出します。
体の中央部分にキルティングの縫い目が位置しないため熱が逃げない縫製です。
【デメリット】ヨーロッパキルトに比べマスが10個増えるため、縫製と羽毛の充てんに手間がかかり少しコストアップします。

ロイヤルキルト

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

エレガントキルト

エレガントキルトと同じ5×6の30マス(シングルサイズの場合)ですが、布団の中央部分のマスは大きく襟元・足元・両サイドの縁周りは小さくなっています

【メリット】縁周りのマスが小さいため羽毛の片寄りが少なく肩口が暖かで、ベッドで使用しても両サイドに羽毛が流れることがありません。中央部分のタップリの羽毛が体を柔らかく包みます。実用的で使い心地は抜群、特にベッド用に適しています。
【デメリット】縫製に少し手間がかかるため、シンプルなキルトに比べコストがアップします。

ツインキルト

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ロイヤルキルト

上層部は3×4の12マス、下層部は4×5の20マス(シングルサイズの場合)の2層構造です。主に暖かくするためのキルトです。

【メリット】布団にボリュームが出て保温性は抜群です。寒い地方で使用しても十分な暖かさです。
デメリット】暖かい地方においては少し暑すぎる場合があります。マスが大きいためダウンの片寄りの問題がおきやすくなります。四国松山ではほとんど必要ないでしょう。

フォーシーズンキルト

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ツインキルト

肌掛け布団(夏用)と合掛け布団(春・秋用)の2枚組です。

【メリット】春・夏・秋には一枚で使用、冬には2枚をボタンで止めて使います。重ねて使用した場合3層構造になり、より保温力がUPします。
四季を通して使用できる実用的な2枚合わせキルトです。布団の収納スペースも最小限になりますよ♪
【デメリット】2枚を合わせて使用する時は、羽毛布団生地の重さが2枚分になります。軽さが持ち味の羽毛布団の割には重いという感じがあり、生地の料金も2枚分になってしまいます。

薄型キルト

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

フォーシーズンキルト

上側と下側の生地を直接縫い合わせた、夏用肌掛け布団に適したキルト縫製です。

【メリット】比較的縫製が簡単でコストダウンがはかれます。マスを多く取り羽毛量を調整してかさ高を抑え、夏は1枚で、冬は毛布の代わりに使用できる便利なキルトです。
【デメリット】縫い目から暖かい空気が逃げやすい構造で、羽毛が縫い目から飛び出す危険性もあります。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

薄型キルト

ステップ4 羽毛布団に充てんする羽毛の種類を決定

蒲団屋お勧めの羽毛を紹介します。あなたにピッタリの羽毛を見つけてください。

ハンガリー産 ホワイトダックダウン90%

ハンガリーの素晴らしい環境の中で飼育されたマスコビーダックダウン(タンポポのわた毛に似た球状の水鳥の体毛)です。
一般的な品質は、あひるのダックダウンはがちょうのグースダウンの下に位置しますが、体格の良いあひるから採取された上級品質のダックダウンは、下級のグースダウンよりもパワーが有り実用的な羽毛布団としてお勧めです。

ハンガリーのFBZ社が集積した良い仕上がりのダウンで、日本国内向けに厳しい品質基準が設けられ、日本基準に合わせて洗浄処理された安心安全の羽毛です。
日本羽毛製品協同組合の定めるエクセルゴールドクラスで、かさ高160mmダウンパワー380dpです。
→【羽毛の種類と特徴】に関するブログはこちら
→【かさ高とダウンパワー】の説明はこちら

中国吉林省産 ホルトバージホワイトグースダウン93%

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ハンガリー産 ホワイトダックダウン90%

中国吉林省で野生に近い姿で粗放飼育されている水鳥のダウンです。

自然環境はとても厳しい地域ですが、水鳥にとってはストレスの少ない好環境です。
管理が行き届き整理整頓された清潔な工場で、高度な技術で精製された素晴らしいホルトバージグースの羽毛ダウンです。
この羽毛ダウンは密度が高く保温性能に優れています。日本羽毛製品協同組合の定めるロイヤルゴールドクラスで、かさ高165mmダウンパワー410dpです。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

中国吉林省産 ホルトバージホワイトグースダウン93%

ロシア産 ホワイトグースダウン93%

広大なロシアの大地は夏と冬が大変長く、気温差の激しい大陸性気候です。
そこに点在する農家で大切に育てられた水鳥から採取された良質の羽毛です。

羽毛原料は、ピーターコール社(ドイツ)との直接契約で日本に直輸入されています。
日本向けに5回の洗浄を施したダウンは、力強い反発性を持ち充分ご満足いただける羽毛です。
ピーターコール社は東欧やロシアなど、寒暖の激しい地域で収穫された良質の羽毛を世界各国に輸出しているドイツを代表する羽毛メーカーです。
日本羽毛製品協同組合の定めるロイヤルゴールドクラスで、かさ高170mmダウンパワー420dpです。

中国吉林省産 スティッキーマザーグースダウン95%

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ロシア産 ホワイトグースダウン93%

中国の北東部、極寒の吉林省で飼育されたマザーグースのダウンです。
マザーグース(直訳:お母さん鳥)とは、その名の通りたくさんのグースを産出するために卵を産む水鳥として選ばれた健康で体格に優れた親鳥です。
通常のグースの飼育期間は約40日ですが、マザーグースは約4年間大切に育てられます。

極寒の地で寒冷な冬を越し、冷たい外気から自分の体温を保つために通常のグース(若鳥)のダウンより約1.5倍大きく、わた毛の密度もとても高いダウン羽毛が採取できます。
ダウンが大きな良質の羽毛は、空気をたくさん含み保温性が高く少量でもかさのある膨らみを持っています。
さらにスティッキーマザーグースは、ダウンがスティック状に絡み合い離れないほどに大きく成熟した良質なダウンです。
羽毛が掛け布団の中で片寄りにくく、側生地からの吹き出しもほとんどありません。優れたかさ高・吸湿発散性・保温力を持った最上級のダウンです。
日本羽毛製品協同組合の最高羽毛基準プレミアムゴールドクラス、かさ高は180mm、ダウンパワーは440dpです。

ハンガリー産 リピッチュホワイトマザーグース95%

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

中国吉林省産 スティッキーマザーグースダウン95%

ロシアの西に位置する盆地の国ハンガリーは、厳しい寒さと飼料となる穀物が豊富で良質のダウンを得る条件を満たしています。

食肉用に農家が育てているグースではなく、卵を産むために飼育されているマザーグースのダウンです。
良質の品種を保つためストレスがかからぬよう飼育されているグースの親鳥からは、最高の卵が得られるのはもちろんですが最高品質の羽毛ダウンが発育します。

大自然の中、厳寒のハンガリーの原野で冬を越した体からは、ダウンの粒が大きく他の原毛に比べてファイバーやダストが極端に少ないダウンが採取できるのです。
ドイツ原産で、ハンガリーで育ち丁寧に収穫された最高級のリピッチュ種マザーグースダウンです。

ハンガリーは広大な平原が続く農業国で、社会主義の時代は国が食用家禽(かきん:肉・卵・羽毛などを利用するために飼育される鳥の総称)供給組織として管理していました。
その後、自由主義社会の一員となり2000年に設立されたのがFBZ社。ハンガリーの羽毛原料取引の70~75%のシェアを誇る超大手の羽毛集積企業です。
FBZ社は、全世界が取引相手の羽毛商社で、湿度の高い日本で使用されるダウンは、特に入念に洗浄処理が行われます。
素晴らしい羽毛布団用のダウンの基本処理が施され、品質チェック・選別は非常に厳しいものがあります。
日本羽毛製品協同組合の定めるプレミアムゴールドクラスで、かさ高190mmダウンパワー460dpです。

ポーランド産 ホワイトコウダマザーグース98%

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ハンガリー産 リピッチュホワイトマザーグース95%

広大な恵まれた土地で、ストレスなく大きく育ったホワイトコウダ種のマザーグースからはパワーのある良質の羽毛ダウンが採取できます。

マザーグースは通常4、5年飼育します。
氷点下10~20℃になる厳しい東ヨーロッパの冬を越すため、世界最高水準のポーランド産ホワイトコウダマザーグースダウンが育まれます。
寒暖の差が激しい環境の中で過ごす水鳥の体温を保つための保温力のあるしっかりした良質のダウンです。

自然環境と人に優しく、軽くて心地よい高品質のダウンを世界の人々に届けているポーランドの羽毛メーカーアニメックス社から直輸入しています。
アニメックス社はポーランド最大の食肉加工メーカーで、1951年に食肉関連製品の国営輸出公団として設立しました。設立当初から「世界最高」と称されるポーランド産羽毛の取り扱いは重要な事業の一つです。
アニメックス社は、唯一ポーランド南部の山岳地帯に工場を持つメーカーです。他の地域にはない高品質の水源に近く、それが衛生的な製品の品質を支えています。
羽毛精製工場には試験・品質管理室が設けられ、精毛工程では最低3回の品質チェックがなされます。
日本向けには特に厳しいチェックが入り安全安心の羽毛です。国策により品種改良を重ね品質を維持してきたポーランド羽毛関係者の努力の賜物です。
日本羽毛製品協同組合の定めるプレミアムゴールドクラスでかさ高195mmダウンパワー480dpです。

お疲れさまでした。羽毛が決まったら注文は完了です。1周間から10日程度で仕立て上がります。お楽しみにお待ちください。

※↓画像をタップで拡大

※↓画像をクリックで拡大

ポーランド産 ホワイトコウダマザーグース98%

まとめ

蒲団屋の羽毛布団は全てオーダーメイド、オーダーメイドといっても特別な料金がかかるわけではありません。
生地代、羽毛代、加工代の合計金額です。

つまり、
(羽毛布団の側生地代 + 中に充てんする羽毛代 + 充てん加工仕上げ代) = 羽毛布団の料金
となります。
以下に一部をご紹介します。

羽毛布団の側生地代(シングルサイズの場合)※税抜価格

  ヨーロッパキルト エレガントキルト ロイアルキルト ツインキルト フォーシーズンキルト 薄型キルト
R4179 8,000円 10,000円 11,000円 13,000円 15,200円 8,000円
TN504 11,200円 13,200円 14,200円 16,200円 23,600円 11,200円
E6060 14,600円 16,600円 17,600円 19,600円 30,400円 14,600円
E8080 17,000円 19,000円 20,000円 22,000円 35,200円 17,000円
ラムコ 30,000円 32,000円 33,000円 35,000円 61,200円 30,000円
FB250 50,000円 52,000円 53,000円 55,000円 101,200円 50,000円

充てん羽毛代(シングルサイズの場合)※税抜価格

  100gあたり シングルサイズのお勧め充てん量 充てん羽毛の金額
ハンガリー産 ホワイトダックダウン90% 2,500円 1.3kg 32,500円
中国吉林省産 ホルトバージホワイトグースダウン93% 4,000円 1.3kg 52,000円
ロシア産 ホワイトグースダウン93% 6,400円 1.3kg 83,200円
中国吉林省産 スティッキーマザーグースダウン95% 7,000円 1.2kg 84,000円
ハンガリー産 リピッチュホワイトマザーグース95% 9,800円 1.1kg 107,800円
ポーランド産 ホワイトコウダマザーグース98% 16,600円 1.0kg 166,000円

充てん加工仕上げ代 ※税抜価格

  ヨーロッパキルト エレガントキルト ロイアルキルト ツインキルト フォーシーズンキルト 薄型キルト
シングルサイズ 6,200円 6,200円 6,200円 6,200円 9,200円 5,000円
セミダブルサイズ 8,000円 8,000円 8,000円 8,000円 11,760円 5,960円
ダブルサイズ 8,600円 8,600円 8,600円 8,600円 12,800円 6,400円

もっとお気軽にあなたもあなただけの便利サイズ羽毛布団を作ってみませんか?あなただけの便利な羽毛布団で今年の冬はぬくぬくとお過ごしください。もちろんぴったりサイズのカバーもオーダーメイド致します♪
→蒲団屋オススメの【羽毛布団】はこちら

→蒲団屋の【快眠ベッド】【快眠マット】はこちら
(全国発送OK!銀行振込・代引・クレジット可)

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

このページのトップへ