吸湿性と透湿性が混同されている。

天然繊維は呼吸します。 大気中の 湿気を吸収して、湿気を繊維内部で液化する際に、分子がぶつかり合い発熱します。 これを湿潤熱と言います。

水が蒸発するときに 、気化熱を奪うのと逆の作用です 。火災の時に水をかけるのも、この原理を利用しています 。

そして、この湿潤熱を利用して放湿します。ですから、真夏に 天然繊維を素肌にまとっても、 気持ちが良いのです。

自然界の妙、神の技 

これは天然繊維の大きな特徴で 自然界の妙、 神の技とも言えるでしょう。  樹脂加工や薬品処理を施して、 この天然繊維の神域を、 決して犯してはなりません。
本来は気持ちがいいはずの天然繊維であるのに、 洗える絹の肌着が蒸れるのも、 本来は優れた吸湿性・放湿性を持っている 羽毛布団が、暖かくなれば蒸し暑くなり、外気が冷たくなれば寒いのも、色々な加工や 処理を施して、この神域を犯すためです。

透湿性とは

それに対して、合成繊維はほとんど吸湿性がありません。 吸湿性はありませんが、 透湿性はあります。
透湿とは、 繊維の隙間を湿気が透過することで、 人間の体の発散力を利用した 、毛細管現象の仕組みの一つです 。
天然繊維が湿気を吸収して発熱し、 放湿してくれる、という神の技とは大きく異なり、 私たちが感じる気持ちよさに大きな違いがあります 。
特に、 真夏などは、合成繊維の服は着ていることができないほど気持ちが悪いものです

寝具には天然繊維を

合成繊維は、 安価である・ 染色や色々な加工が 容易にできる・ 洗濯などによる 経年劣化が少ない、などの理由により、 寝具にも多く使われていますが、 気持ちよく眠るためには、是非、 天然繊維の寝具お勧めいたします。

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

このページのトップへ