ベッド&マットレスの快眠体験会 2019年4月開催分
(※終了しました)

ベッド&マットレスの快眠体験会 2019年4月開催分

日時
2019年4月5日、4月6日、4月7日、4月12日、4月13日、4月14日、4月19日、4月20日、4月21日、4月26日、4月27日、4月28日、4月29日の13日間
会場
蒲団屋(ロープウェイ街)

快眠の秘訣は三つです。

・自然に即したリズムで暮らすこと
・眠りの環境を整えること
・そして最後に、眠りにとらわれないこと

人は夜に眠り朝に目覚めます。夜に眠るのは長い人体の進化の過程で身についた生きるためのノウハウです。暗く危険で食料を見つけにくい時間帯は、心身の休息に当てた方が効率よく生存できるからだと言われています。

また、人の体の働きには一日単位の自然のリズムがあります。通常では、宵の口の時間帯の体温が最も高く、就寝時刻に向かって徐々に低くなります。眠りにつくとさらに下がり、明け方に最も低くなります。その後、目覚める時刻に向かって少しずつ高くなり、起床後の活動とともに一気に上昇します。こうした体温の変化は、夜に眠らず起きていたとしても必ず現れます。ただ、眠らずに夜を過ごした場合は変動の幅が小さくなります。そして、夜でも就寝時刻が乱れた睡眠や昼間に睡眠した場合では、体温の低下は少なくなります。このような、体温の変化の少ない睡眠では心身の休息の効率は悪くなります。

夜の睡眠と昼の活動は表裏一体、朝はほぼ決まった時刻に目覚め昼はしっかり活動する、昼夜のメリハリをしっかりつけることが大切です。

そして、光・音・温度・湿度など寝室の環境にも配慮が必要です。四季を通して快適な睡眠環境を保ち、夏の湿度の上昇、冬の乾燥などに気をつけましょう。中高年以降は加齢とともに眠りが浅くなるため、若い時よりもさらに睡眠環境に心配りが必要です。

自然のリズムに即して暮らし眠りの環境を整えた後は、一旦心から眠りを切り離すことが快眠の秘訣です。寝床では眠りに関してあれやこれやと考えないこと、眠ろうと努力すれば 返って目が覚めてしまいます。一晩ぐらい眠れなくてもジタバタしないことが肝心です。 無理な早寝や長い昼寝などは睡眠リズムの乱れにつながります。眠りをむりやりコントロールするのではなく、規則正しい生活のリズムを維持するよう心掛けてください。

蒲団屋では毎週金・土・日曜日と祝祭日に、適切な睡眠環境を整え、確実にあなたの体調を改善するウッドスプリングベッドとラテックスマットの快眠体験会を開催しています。平成が終わり、新しい時代の幕開けを生き生きと楽しみたいあなたのためのベッドシステムです。是非一度、驚くほど体が楽になる寝心地を体感してください。自信を持ってお勧めいたします。

ゴールデンウィーク中の臨時休業のお知らせ
 
いつも蒲団屋をご愛顧いただき本当にありがとうございます。
誠に勝手ながらこの度、下記のように臨時休業させて頂きます。
       
      記

4月30日 (火曜日) 臨時休業
5月1日    (水曜日)    定休日
5月2日    (木曜日)   通常営業

以上でございます。よろしくお願い申し上げます。

   

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

日時
2019年4月5日、4月6日、4月7日、4月12日、4月13日、4月14日、4月19日、4月20日、4月21日、4月26日、4月27日、4月28日、4月29日の13日間
会場
蒲団屋(ロープウェイ街)

このページのトップへ