ベッド&マットレスの快眠体験会 2019年8月開催分

ベッド&マットレスの快眠体験会 2019年8月開催分

日時
2019年8月2日、8月3日、8月4日、8月9日、8月10日、8月11日、8月12日、8月16日、8月17日、8月18日、8月23日、8月24日、8月25日、8月30日、8月31日の15日間
会場
蒲団屋(ロープウェイ街)

寝苦しい夜は上手に汗をかいてひんやり快適な睡眠を

一日中活動した体の機能や脳をメンテナンスするために、体内の温度(深部体温)を下げて休ませる行為が睡眠です。
熱帯夜に十分な睡眠が得られない理由は深部体温が下がりにくいため、
体温が高いままでは覚醒レベルが上がり寝付けないのです。
夏場に深部体温を下げて快適な睡眠を得るためには、皮膚の表面からどのように体内の熱を逃がすか、つまりどう熱放散させるのかが重要なポイントです。

寝苦しい夜にひんやり快適な睡眠をとるためには、上手に汗をかいて汗の蒸発熱(気化熱)を利用しましょう。
夏に庭や玄関先に打ち水をすると涼しく感じます。これは水が蒸発する時に地面の熱を奪うからです。
同じように、寝る時に上手に汗をかいて蒸発させれば体の熱が奪われ涼しさを得られます。

そのためには、キメの揃った脂分の少ない肌を保つことが重要です。すべらかな肌から出た汗は、すぐに広がりエアコンや扇風機の風により素早く蒸発します。そして、広い面積から体の熱が奪われて涼しさを得られます。

逆に脂ぎった肌から出る汗は、玉のような汗のままで肌の上で広がりません。蒸発するのに時間がかかり皮膚からの放熱がスムーズにすすみません。特に夏場は肌を清潔に保ち、スキンケア用品でキメを整えましょう。

更に、気をつけたいのはエアコンや汗による睡眠中の体の冷えすぎです。
体は、冷えを感じると血管が収縮し体温が上り眠りを妨げます。
裸に近い状態で寝るのはもちろん論外です。汗をかいても肌に張り付かない素材のパジャマを選んで冷え対策に努めましょう。

また、汗をかきやすい首筋は露出しがちで、冷えすぎると翌朝の寝違いが起きやすい箇所です。薄いシルクなどを巻いて保護すれば、汗をかいてもひんやりと心地よく寝られます。

まだまだ寝苦しい夜が続きます。今回紹介した知識を取り入れ日頃の快眠につなげて、夏を乗り切っていただきたいと思います。

四国松山の蒲団屋では毎週金・土・日曜日と祝祭日に、適切な睡眠環境を整え、夏の眠りをサポートするウッドスプリングベッドラテックスマットの快眠体験会を開催しています。
ぜひ一度ご来店いただいて、全くストレスを感じない驚きの寝心地を体感してください。心からお待ちしております。

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

日時
2019年8月2日、8月3日、8月4日、8月9日、8月10日、8月11日、8月12日、8月16日、8月17日、8月18日、8月23日、8月24日、8月25日、8月30日、8月31日の15日間
会場
蒲団屋(ロープウェイ街)

このページのトップへ