キャッシュレス決済に対応しました。詳細はこちら

リフォーム

おばちゃんの着物でリフォーム

思い出を大切に絹の着物をシルクふとんに仕立て替え致します

綿ふとんの打ち直し仕立て替え

良いわたは貴重です環境に優しい自然素材です。押し入れに眠っている婚礼ふとんなど仕立て替え致します。

羽毛ふとんのリフォーム

厳しい品質基準に合格を受けた企業のみが使用できる、プレミアムダウンウオッシュ仕上げあなたの羽毛ふとん何年お使いですか?

羽毛原料が高騰しています。
その要因の一つ食生活の変化でアヒル、ガチョウの肉、フォアグラの需要が減少傾向。飼育に関して肥料の価格高騰、3Kの職種で後継者不足。需要状況では中国が生産国から生活水準が上がり消費国なった事。流行的要素が強かったダウンジャケットが3年程前から安定した需要が見込まれるようになったことなど。
売り安いと言う名での未熟なダウンを混入した産地偽装商品(新聞等で全国に報道)。
今から10年前後にご購入された羽毛は質の高い羽毛(10万円前後?)が使われています。長年の使用でどうしても羽毛のへたり、側生地の汚れが気になる方ご相談下さい、新品同様に仕立て上がります。
リフォーム時期としてご購入して8〜10年をめどにして下さい。
お手入れをした、しなかったでは嵩高(保温性)が大きく変わります。

  • プレミアムダウンウォシュ仕上げ(完全洗浄)工程

    お客様の羽毛を少し取り出して5段階評価(ダウン率、ピリングと玉ダウンの量、ファイバーの量)で羽毛状態を判断して、お客様との相談で側生地、足し羽毛、完全洗浄コースかスチーム&除じんコースを決めます。
    ふとんを解体して中の羽毛を取り出します。

  • 除じん工程

    羽毛を除じん機にかけてチリ、ファイバー、ホコリを除去します。洗浄前1回乾燥後1回します。

  • 洗濯工程

    40〜45℃の温水と専用洗剤で皮脂や汚れを洗い流します。単なる水では汗汚れ、皮脂は落ちません。写真のように洗浄後べったりと羽毛がなります。
    乾燥工程、120〜150℃の高温で一気に乾かし羽毛の弾力を復活させます。
    再び除じん機にかけ、冷却しながらチリを除去します。

  • 側生地縫製

    縫製職人が、ご希望の生地で側生地を縫製します。
    ダブサイズ羽毛ふとんをシングルサイズに変更。
    冬用羽毛ふとんを肌掛け羽毛布団を2枚に変更。
    余った羽毛で枕に。
    サイズ(長身用)変更。
    ご要望におおじて仕立てます。

  • 洗浄後の羽毛充てん

    側生地に羽毛を充てんします。
    お客様が以前お持ちの羽毛と同等クラスの足し羽毛ゴールドダック、エクセルグース、プレミアムグースなど5種類から選び足し羽毛をします。
    今までの経験上シングルサイズのリフォームで300グラム程度補充すれば新品同様に仕立て上がります。

このページのトップへ