by 渡部元吾

無料で一度体験して欲しい!睡眠中の湿気・汗対策の大本命

に限らず冬でも朝起きると布団が湿っている事はありませんか?
その理由のほとんどが、吸湿性・発散性のない素材の寝具使っているからに他なりません。
また、日本特有の湿気の多い気候も影響しています。

どうすればその問題を解決できるのか、日本の気候の特徴を確認しながら見ていきましょう!

日本の気候の特徴とは

日本は地球上において地理的には中国大陸の東側に位置しており、自然環境は温帯モンスーン(季節風)気候に属しています。

一年の間に気温や湿度が大きく変動し、夏は太平洋上に発達する高気圧から吹き出す季節風の影響を受けて蒸し暑く、様々な前線の影響を受けて雨が多くなっています。
冬は大陸性高気圧から吹き出す季節風の影響を受けて、寒冷で乾燥しています。

日本の夏は高温で湿度が高いため、爽やかに眠るためには色々な工夫が必要になりますが、冬は湿度が低いため、暖かい寝具を用いれば比較的簡単に快眠できます。
しかし冬の眠りには、気付きにくい大きな落とし穴があります。
それは、「人の背中は蒸れやすい」という事です。
冬の快眠についての考え方の中で最も大切な事、それは「布団の中が暖かいだけではなく、絶対に背中が蒸れてはいけない。」という事です。

なぜ背中が蒸れてはいけないのか?

それは背中の蒸れ=背中の不快感が、眠りの質を悪化させてしまうからです。

背中は私たちの体の中で一番面積が広く、重さもあります。
そのため、敷寝具との接触面には高い圧力がかかり、背中の皮膚呼吸を妨げてしまいます。
通気性も悪くなり発熱・発汗により背中は蒸れてしまいます。
そうすると、私たちは背中に不快感を感じて横を向いて寝るようになってしまいます。
横寝によって背中の通気性が確保されて蒸れ感がなくなると、横向き寝では首・肩・腰に負荷がかかって辛いため仰向け寝に変わります。
しかし、すぐに再び背中が蒸れて不快になり、結局頻繁に不必要な寝返りを繰り返すようになってしまいます。

こうして人が一番深く眠ることができる仰向け寝の時間が減って、横向き寝や、うつぶせ寝の時間が増えて眠りが浅くなってしまうのです。
また、寝返りの度に途中で目が冷める確率も高くなってしまいます。

背中が蒸れる原因

背中が蒸れる原因は敷寝具にあります。
一般的に広く販売されている敷布団の側生地や中綿(なかわた)に使用されている素材は、ポリエステルやウレタン(スポンジ)などの石油製品に由来する素材です。
これらの人工的に作られた素材は、汗を吸う力(吸湿性)がほとんどありません。
そのため、すぐに背中が蒸れて不快になってしまうのです。

また、敷寝具の側生地の質の悪さを補うために、樹脂コーティングが生地表面に施されている物もあります。
この樹脂コーティングも同様に背中の蒸れの原因となります。

しかし、このような人工的に作られた化学繊維を素材とする敷寝具を使っても、寝床に入ってしばらくは暖かくて気持ちが良いと感じます。
これは、通気性がない化学繊維が皮膚に触れた瞬間に、冬の冷たい外気温をシャットアウトしてくれることを暖かいと感じるためです。
しかし、時間を追うごとに背中の温度は上がり続け、この暖かさは暑さへと変わり、続いて発汗による蒸れ感へと変わります。
化学繊維の快適さは長くは続かないのです。

しかし、人間の感覚というものは、眠りにつくとかなり鈍くなってしまいます。
この背中の不快感は眠った後に始まります。そのため気付かず眠ることができてしまうのです。
「眠るまでの暖かさ」だけを覚えていて、「よく眠れた」と勘違いをしてしまう人も多いのです。
実際は、背中が蒸れて不快感を感じるため、一晩中寝返りや快適な場所を求めて寝動きを繰り返していて、満足な眠りは得られていないのが現状なのです。
眠りにつくまでの化学繊維の暖かさに人間の感覚がごまかされているのです。

キャメルの敷布団とは

快眠するために最も重要な事は「深い眠りについた後も、敷寝具が私たちの背中を快適な状態に保ってくれる。」ということです。

背中を快適な状態に保ってくれる敷布団としてお薦めしたい商品は、やはり蒲団屋がこだわる天然素材の敷布団です。
特にお薦めしたい敷寝具は、モンゴルのゴビ砂漠で生息するふたこぶラクダの毛を中綿(なかわた)に100%使用したキャメルの敷布団です。

ラクダの毛は、敷寝具の中綿として羊の毛(ウール)よりもさらに優れており、一本一本が非常に長くて丈夫です。
つまり、ヘタリにくくクッション性も長く続く敷布団なのです。
そして、冬でも夏でもキャメルの抜群の吸湿発散性が、一晩中私たちの背中をサラッと乾いた快適な状態に保ってくれます。
キャメルの敷布団を使って眠ると、翌朝目覚めた時の熟睡感が驚くほど変わります。

キャメルの敷布団の無料貸し出し中

蒲団屋では、このキャメルの敷布団の驚きの寝心地を、あなた自身に体験して納得していただくために無料で貸し出しています。
あなたに「暖かく、深く、眠る」という体験をしていただきたいのです。

キャメルの敷布団サンプルを以下の要領でご希望の方に貸し出し中です。

  1. 一週間、無料でサンプルの貸し出しをさせていただきます。
    ご予約が多数ある場合、申し訳ありません、お待ちいただくこともございます。
  2. 貸出用サンプルはシングルサイズのレギュラータイプのみでございます。
  3. 今お使いの敷寝具の上に重ねてご使用ください。
    キャメルの敷布団一枚だけでお休みいただくことはできません。
    ベッドをご使用の方はベッドマットレスの上に重ねて、畳やフロアーに敷布団を敷いてお休みになっている方は敷布団の上に重ねてお試しください。
  4. クリーニング済みの専用カバーが付いています。
    一週間のお試し寝をした後、カバーはそのままご返却ください。蒲団屋がクリーニングいたします。
  5. もちろん貸し出しのみでOKです。
    借りたからといって購入する必要はありません。
    決して無理に購入をお勧めすることはいたしません。
  6. キャメルの敷布団サンプル無料貸し出しはごく簡単。
    お電話やメールにて「キャメルの敷布団の貸し出しをお願いします。」とお気軽にお申し付けください。

蒲団屋が快眠寝具をお客様にご提供する時に最も大切にしている基本の考えは「敷寝具は絶対に背中が蒸れてはいけない」という事です。
キャメルの敷布団は、より良く眠りたいあなたにぜひ使っていただきたい優れものの一品です。
体験してみる価値のあるすばらしい敷布団です。ぜひお気軽にお申し込みください。
→キャメルの敷布団の商品ページはこちら

蒲団屋へのお問い合わせや、体験会のお申込みはこちらのフォームから

お電話でのお問い合わせは、0800-200-1194(通話料無料)または、089-931-2355へご連絡ください。

 

アクセスの多い記事ランキング
(過去7日間)

  1. 病院のベッドはなぜ硬い?入院中も快適に眠るための秘密兵器!

    病院のベッドはなぜ硬い?入院中も快適に眠るための秘密兵器!

  2. 放っておいたら大変なことに!?睡眠中のよだれの原因と対策

    放っておいたら大変なことに!?睡眠中のよだれの原因と対策

  3. 諦めるのはまだ早い!?悪い寝相・寝姿勢の原因と対策を徹底解説!

    諦めるのはまだ早い!?悪い寝相・寝姿勢の原因と対策を徹底解説!

  4. 寝返りは多い方が良いというデマ!本当に大切なこと忘れてませんか?

    寝返りは多い方が良いというデマ!本当に大切なこと忘れてませんか?

  5. 子供はいつから枕が必要?寝具専門店がすすめる正しい子供枕の始め方

    子供はいつから枕が必要?寝具専門店がすすめる正しい子供枕の始め方

  6. 【コルチゾールとは?】覚醒ホルモンで眠りをコントロールする方法

    【コルチゾールとは?】覚醒ホルモンで眠りをコントロールする方法

  7. 好転反応こそ快眠の要。寝ればわかる驚きの効果!

    好転反応こそ快眠の要。寝ればわかる驚きの効果!

  8. 低反発・高反発マットは本当に睡眠に適しているの?専門家が考える理想的な敷寝具

    低反発・高反発マットは本当に睡眠に適しているの?専門家が考える理想的な敷寝具

  9. 結果にびっくり!?データが示す驚きの寝心地 後悔しない寝具選び

    結果にびっくり!?データが示す驚きの寝心地 後悔しない寝具選び

  10. 吸湿性と透湿性が混同されている。

    吸湿性と透湿性が混同されている。

このページのトップへ