キャッシュレス決済に対応しました。詳細はこちら

タグ / 羽毛

  • カテゴリー
    商品案内
    買い替えはもったいない!?羽毛布団のリフォームという選択肢

    今では掛布団といえば羽毛布団が主流で、一世帯あたりの普及率は100%を超えています。 そして側生地が破れた、汚れてしまった、ヘタってきたなどの理由で羽毛布団を処分し買い換えを検討する方も多くなっています。 でも、ちょっと待ってください。あなたが処分しようとしている羽毛布団の中身、...

    続きを読む

  • カテゴリー
    商品案内

    by 渡部元吾

    何を基準に選ぶ?長い目で見たお得な羽毛布団の選び方!

    何を基準に選ぶ?長い目で見たお得な羽毛布団の選び方!

    掛ふとんのサイズについて 一般的な羽毛布団シングルサイズは幅150cm長さ210cmですが、これよりも一回り小さな羽毛布団がとっても使い勝手がいいことをご存知ですか? たとえば10cm小さく140×200cmで作ると、日に干す、ホコリを払う、押入れに片付ける、カバーを掛ける・外す...

    続きを読む

  • カテゴリー
    商品案内

    by 渡部元吾

    あなたはどちら?羽毛ふとんのクリーニング派?リフォーム派?

    あなたはどちら?羽毛ふとんのクリーニング派?リフォーム派?

    ふかふかの暖かい布団が恋しい季節がやってきました。 あなたも久しぶりに羽毛布団を引っ張り出したのではないでしょうか。 羽毛布団の状態はいかがですか?ふんわりサッパリした使い心地ですか? 「なんだか気持ちよくない、爽やかさがなくなってきた」 「羽毛布団の生地がいつの間にか汚れてしま...

    続きを読む

  • カテゴリー
    不眠解消

    by 渡部元吾

    寝ている時の布団の中を暖かく保つシンプルな鉄則!素材によって変える毛布の重ね順

    寝ている時の布団の中を暖かく保つシンプルな鉄則!素材によって変える毛布の重ね順

    「布団が冷たい、寒くて眠れない〜。」 そんな時にホッとする温もりをプラスしてくれるのが、とっても便利なお助け寝具、毛布(ブランケット)ですよね? あなたは布団と毛布をどういう順番で重ねて使っていますか? TV番組などで、毛布の重ね順がクイズ形式で紹介されているのをよく見かけます。...

    続きを読む

  • カテゴリー
    読み物
    羽毛ふとんって家庭用洗濯機で洗える?洗えない?

    お客様から質問を受けました。 「寝具店さんは羽毛布団は洗えませんと言いますが、ニトリは洗えますと言っています。なぜ言っていることが違うのですか?」 というものです。 ニトリで販売されている商品について詳しい知識や裏情報などを持っているわけではないため「洗えるということは羽毛布団の...

    続きを読む

  • カテゴリー
    読み物

    by 渡部元吾

    冷え性に強い味方の羽毛ふとん。暖かさの要は生地にあり!

    冷え性に強い味方の羽毛ふとん。暖かさの要は生地にあり!

    羽毛ふとんは、中に充てんされている羽毛と羽毛を包む布でできています。 この布を側生地(がわきじ)といいます。 ほとんどの羽毛布団はこの側生地に、羽毛の吹き出し防止(ダウンプルーフ)加工が施されています。 この加工のために側生地の通気性が不足している羽毛布団が多く、これらの羽毛布団...

    続きを読む

  • カテゴリー
    読み物

    by 渡部元吾

    マス目がない方が断然快適!どの季節も寝心地は羽毛ふとんで決まる!

    マス目がない方が断然快適!どの季節も寝心地は羽毛ふとんで決まる!

    朝晩の寒さに加え、どんよりとした曇りの日や雨、雪の日の多いこの季節、気持ちよく暖かく眠れていますか? この季節は寝具がひんやりと冷たく、日干しできる日も少ないため湿気もこもりがちです。 こんな時期だからこそ眠る事を大切に、眠る事に少し手間と時間をかけてみませんか? 快眠は心...

    続きを読む

  • カテゴリー
    読み物

    by 渡部元吾

    読んで納得!商品チラシには載っていない羽毛ふとんの中身をやさしく解説

    読んで納得!商品チラシには載っていない羽毛ふとんの中身をやさしく解説

    近年、羽毛布団用生地の紡績(糸を紡いで織物を作る)技術や、羽毛加工技術が発達したおかげで、羽毛布団は冬に欠かせない身近な寝具となっています。 実は1世帯当たりの普及率は100%を超えています。 つまり1家族が最低1枚は羽毛掛ふとんを持っているのです。 そんな身近な羽毛布団ですが...

    続きを読む

このページのトップへ